私の証明

身の振り方

誰とツルムか、そしてどう時間を消費するか、周囲に何を置きたいか、何も置きたくないか、はたまた、自分はどこに腰を据えるか、どんな音を好むか、今後どういう身の振り方をとるか、そういうことをうじうじと考えてしまう時分である。何に自分は満足し、納得ができるのか。どこが妥協できるラインなのか

 私は新卒社会人である。周囲から何を求められているでもない。期待が集まっているわけでもない。さぁ、何からも解き放たれた自由な立場であるのだ、という感情と同時に、さまざまな考えや今までの刷り込みにがんじがらめになりそうになる心地を覚える。サンボマスターは「諦めないでどんな時も、できるんだほんとさ、嘘じゃないよ、今世界にひとつだけの強い光を見たよ、君ならできないどんなことだって、できるんだ・・・i wanna be a 君のすべて」と歌ってくれるけど、よくわからん。

 自分の展望を考える、キャリアをどう形成するのか、全く興味がないことである。自分のことなのだから関心は高いのではないか、と一見そう思えるのだが、こういったよくわからないことは考えたくない。現在の価値感でキャリア形成を考えたとしても、その価値って10年後はどーでもいいことな可能性は多分にある、と思う。それより私は不変な価値観を大事にしていたい。自分の周りに居てくれる人、ただの人数合わせであっても声をかけてくれる旧友。そんな中の可能性を信じていたい。資格・出世・位に可能性を持てない。制度なんかも信用してねーよ。いつまで50年前に作った制度に安住してんの?笑

 新卒社会人に与えられる研修という儀礼。それを通して何を考えますか。何も考えませんよ。人の考え聞く前にあなたはどう考えてるのかしっかり明文化してみてよ。忙しいのはお互い様でしょ。本質的に何がしたいの?何にお金と時間を投資したいのか、そういったところを質問してみたんよ。でも普段からそういう事を考えてない人は、突然聞かれてもさ、答えられないよね。実際、答えられてないやん。新卒社会人のひねくれたこじれた意見が聞きたいの?あなた達は安住しすぎて、もうそんな感情も忘れてしまったん?それはそれでいいと思うんだけどさ。大事にしたいことが変わっていったんでしょ。それはそれでいいと思うよ。仕事に価値を見出していない私でも少しくらいは考えたりするんだけど、もうそういったところに価値をシフトしない人、それはそれで羨ましいさ。

 とりあえず、研修で学んだことを明文化するのめんどくせー

といったところでKIRINJIで『エイリアンズ』をどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA