俺は誰にも殺されないし、自分自身を殺すこともしない

 友だちと話すことで、白黒の世界に、カラーが入り込んだ。そんなふうに視界を一変させてくれる友達の言葉ってなんなのさ。ありがとう、としか言えない。1時間と少し話をしてくれてありがとう。言葉は何よりも強いね。

 よく漫画やアニメのようなもので、少し古い時代を題材にしたものや、忍者っぽいものとかに「呪い」というような言葉が出てきた。ポケモンでもゲンガーとかヨノワールとかが「のろい」をかけたりしてきた。自分も相手にかけたことがある on ポケモンバトル。

 現代でも「のろい」は存在していることに、ここ数年で気づく。呪い、それは「何かしらのきっかけで、マイナスにヒトを縛ってしまうこと」だと思う。

 言葉というのはときに呪いになる。今回の呪いは、相手により与えられたナイフのような言葉をきっかけに自分自身でも、その言葉を心に刻んで、その傷を治そうとしない状態にあった。しばらく、長年、呪い状態のままにした。でも、呪いって5ターン攻守交代すると死んじゃうんだよね。

 でも、俺は友達によって呪縛から解き放たれた(気がした)。一度に2つの呪縛を解いてくれた(ような気がします)。自分でも呪縛を解くことはできるんだけど、ナルトで言う幻術返しの要領でさ、他人に「解」ってしてもらったほうが早いんだよね。

 いろいろ自分しか読めないところに言葉を整理し、読み返すことで呪いとはおさらばである。誰にも殺されないし、自分でその呪縛に囚われたままでいようともしない。

 何事も些細なことである。些細なことが呪いになる。自分自身もヒトを呪っていることもあるかもしれない。ポッドキャストが他人や自分の呪いにならないようにもしていきたいと思う。過去の自分にも殺されない。僕は常にアップデートするので、過去の発言を参照されても、それはあくまでも参照なので、アップデート前の言葉かも知んないしさ。どうにかやれよ。やろう、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA